五反田の韓国料理「チェゴヤ」。辛いものが無性に食べたくなって、五反田「チェゴヤ」へ。

写真はユッケジャンラーメン。体を熱くする唐辛子の心地よい辛さと具の山菜の食感が妙に合う。

この店のケジャン(生のワタリガニをコチジャンベースのタレに漬け込んで、野菜と一緒に和えた料理)、サムゲタン(小ぶりの鶏の中に、高麗人参、ニンニク、なつめ、モチ米etcを詰めて煮込んだ薬膳料理)は他の店じゃ食べられないと思う。


これがケジャン。鮮度の良い魚介類は、生で食べるのが一番食材そのものの味を味わえると思うが、鮮度の落ちやすい甲殻類を生で食えるこの料理は貴重。

チェゴリのケジャンの肉の厚さ、臭みの無さ、舌触り、全てがワタリガニをむさぼっている感じ。