定款(会社原本)設立する会社の定款認証と登記申請を行った。今日7月7日が会社の設立日となる。

10:00〜10:20:
公証役場に到着。定款の認証をしてもらう。3通出して、1通は公証役場で保管。もう1通は法務局への登記申請用。もう1通は会社原本となる。
定款認証¥50,000、謄本¥1,000、立替印紙¥40,000で計¥91,000。

10:25〜10:35:
三菱東京UFJ銀行川崎駅前支店にて、出資金を自分の口座に振り込んで、通帳記帳する。近くのセブンイレブンで通帳の背面と振込みが記帳されたページをコピー。

10:40〜11:00:
「資本金の額の計上に関する設立時代表取締役の証明書」を印刷し忘れているのに気づく。マンガ喫茶「MANBOO川崎本店」に飛び込んで、デジカメのメモリに入れていたファイルをプリントアウト。

11:00〜11:20:
法務局で、登記申請。登記官の方に書類の不備等をチェックしてもらってから提出。登記完了予定日は、7月20日。
印紙¥150,000。

11:25〜11:50:
社会保険事務所で、登記後に必要な社会保険に関する提出書類を確認しに行く。当面給料の支払(私自身に対する役員報酬)がない旨を伝えると、保険への加入は給料の支払が発生してからでよいと言われた。

後は、7月20日の登記完了後に、税務署と都道府県税事務所に届出を出すだけ。

株式会社の登記手続きを1通りしてみて感じたこと・・

1冊会社法に対応した登記に関する本は買った方が良い。手続きの流れが把握できる。
細かい点は、管轄の役場によってずいぶん異なっているようなので、自分が申請することになる役場に直接問い合わせるべき。必要書類も書き方もずいぶん本と齟齬があった。